アメリカ テキサス人夫と2007年春に生まれた娘との生活をつづります。以前のブログはこちらから<http://www.aki-chang.blogspot.com/>そのうち引っ越しします。


by nina_19991002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Apple-chan's Hina-matsuri

何か忘れていると思ったらすっかりアップするのを忘れていた今年のひな祭り。。。
と、いってもアメリカから帰国したと思ったら
すぐひな祭りだったのでろくに準備することも出来ず
結局、家にあったありあわせの食材で即効料理をして
私の両親を招待してこじんまりと家族でお祝いしました。

来年は盛大にお祝いしたいね。

ケーキは卵が使えないのでアメリカから買ってきた
ケーキミックスに卵のかわりにバナナを入れて。
でもバナナがつなぎになっていなくって持ち上げると
バラバラと崩れてしまう何とも失敗ケーキに。

4月の誕生日に向けてもっと練習しなければ。

f0145729_22541554.jpg

Apple-chanのお雛様
実は去年、棚の上からすべて滑り落ちてしまい購入した年にいきなりちょっと破損。。。
お人形さん自体は全く無事でした。
なので今年は滑り止めシートを引きました。

f0145729_22561168.jpg


f0145729_22564176.jpg

[PR]
by nina_19991002 | 2009-03-26 22:47 | 22months

Tokyo Disney Land

アップするのが遅くなりましたが
3月中旬に仲良くしてもらっているママ友達と総勢8人で
Tokyo Disney Landへ行ってきました。
前から行こう行こうって言っていたのになかなか実現できなかったのですが
一人のお友達が4月から復職するので春休み前にと思って行ってきました。
が、予想に反してとっても混んでいました。

どうやら卒業式の翌日で、しかもディスにーランドのある
浦安市の市民の日か何かだったらしいです。
とにかく若い子でごった返して歩くのもやっと。
新しめのアトラクションは180分待ちとか。

でもどうせ1歳児が乗れるアトラクションはそんなにないので
30分くらい待ちのアトラクションに乗ったり
ゆっくり昼ごはんを食べたりショーを見たり
お店を覗いたりとゆっくりと過ごし
結局Disney landを出たのは夜の9時近く。。。

でも楽しかったー。
Apple-chanは断乳中で睡眠が不規則だったためか
なぜかほとんどの時間ストローラーの中で爆睡していました。
いくら起こしても全然ダメ。

でもその後家に帰ると「はぁー、すっきり寝た」のごとく大暴れ。
Disney Landで歩き回って疲れているのに
真夜中まで娘につきあわされました。

f0145729_1056580.jpg
f0145729_1056981.jpg
f0145729_10563524.jpg
f0145729_1057212.jpg

[PR]
by nina_19991002 | 2009-03-23 10:32 | 23months

Minami bousou

土曜日はとてもお天気が良かったので10時頃出発して家族でマザー牧場へ!
。。。行くつもりだったのですが
すごい混雑で駐車場に入るのに山道で3kmの渋滞。
しかも全く進まず、結局諦めて南房総へドライブへ行ってきました。

とは言っても館山・千倉に着いた頃にはすっかり夕方
とりあえずお花摘みでしようと
ギリギリセーフでお花畑に入れてもらい
ポピーやストックを摘んだり
夏に行った『道の駅』の海岸沿いの公園で
強風の吹く中、Apple-chanを遊ばせたり。

せっかくお天気だったのに結局一日車の中にいた感じ。

でも南房総はすっかり春でお花が咲き乱れていて
本当に良かったですよー。
最初からこっちに直行すれば良かった。

そろそろ桜の季節なので春を感じに
家族でいろいろとお出かけしたいなと思いました。
でもこの時期って「花冷え」って言うくらい
お天気があまり良くない日が続くんですよねー。



f0145729_104546.jpg

f0145729_1044221.jpg
f0145729_105940.jpg
f0145729_1052421.jpg


海岸の公園にて
風が強くて寒いのにコートは断固拒否!
なのでお鼻が赤いです。

f0145729_1053837.jpg
f0145729_1055286.jpg
f0145729_106245.jpg
f0145729_1063967.jpg

[PR]
by nina_19991002 | 2009-03-21 00:41 | 23months

今日で一週間

断乳開始から今日でちょうど一週間。
あの大泣き+家族でドライブ以降は全く泣かないし
だんだん落ち着いてきたようです。

皆さんいろいろアドバイスありがとうね。

寝方も今の一番のお気に入りは
私が抱っこしてリビングルームをひたすら
ユラユラさせながら歩くこと。
前だったら絶対にベッドに置いた瞬間に
背中のスイッチが入って起きていたのに
今はそのまま寝てくれます。

そして一番うれしい事は一度寝ると
そのままほとんど朝まで寝てくれること。
授乳中はセルフサービスといえど
夜中に3・4回は起きていたので
寝かしつけた後もリビングと寝室を行ったり来たりして
とても大変でした。

そして意外だったのは断乳前は
授乳をやめてしまったら、あのApple-chanとの密着感というか
Apple-chanが急にお姉さんになって私から離れていってしまう
ような寂しい気持ちがあったのです。

でも今は私にキスしてきてくれたり
ハグしてきたり、「Love you」ってしょっちゅう言ってくれたり
違う方法で接してくるようになりました。

もうただ愛情を受けるだけの何もできない赤ちゃんじゃなくなって
今度は愛情をまわりの人にも与えられるようになったんだねー
と思って少し感動しました。

そうそうApple-chanの卵・乳製品アレルギーですが
乳製品はほぼ克服しつつあるようです。
まだ生乳は怖いけれど近頃はクリームの挟まった
クッキーとかも食べてます。
今一番はまっているのは、あのオレオ。

でも何でオレオって子供が食べるとこんなに汚れるんだろう・・・ 

そして教えてもいないのに
ちゃんとまずビスケットをパカッと開けて
中のクリームを舐めてから
残りのビスケットを食べる。
「二回おいしい」をやります。

f0145729_1135723.jpg

f0145729_1145873.jpg

f0145729_125851.jpg
f0145729_1254365.jpg

[PR]
by nina_19991002 | 2009-03-19 01:06 | 23months

ただ今、断乳中・・・

実はあと1か月で2歳になるにも関わらず
新生児ペースで一日何度も母乳を飲んでいたApple-chan。

最低でも
まず朝起きて一番に飲んで、
午前中テレビを見ながら飲んで
お昼寝しながら飲んで
遊んだ後に飲んで
お風呂上りに飲んで
寝るときに飲む

といった満喫ぶり。
飲んでいる姿はいつまでも赤ちゃんみたいでかわいいし
近頃は飲んでいるときに話しかけるとクスクス笑ったり
私にとってはApple-chanとの二人だけの特別な時間。
生まれた時から看護師さんの間でも有名なくらい
哺乳瓶嫌いでずっと母乳だった彼女なので
賛否両論あると思うけれど、
そんなに好きなら自分から卒乳するまで
思う存分飲めばいいと思っていました。

しかし私の都合というか、去年の健康診断で発覚した
どうしても一週間かなり強い抗生物質を飲み続けなければ
ならなくなり、その間はどうしても授乳を止めなければ
いけないとのこと。。。

なので今回意を決して断乳することにしました。

まずは一か月前くらいからこのハイペースな飲みっぷりを
添い寝の時のみにペースダウンしました。
私が「もうそろそろお姉さんだからやめようねー」
とかいろいろ言っても断固拒否!
なのでかわいそうですが、思い切って
和がらしを本当に薄く塗ってみました・・・(←鬼母)

口に入れた瞬間その味にかなりびっくりしていましたが
「ほらBig girlになったからおいしくなくなってきたよ」
という言葉に納得してお昼寝と夜の添い乳のみに・・・
あんなに小食だったのにごはんもたくさん食べるようになったし。

そして先週の木曜日、夜寝るときにあげて
その後起きて欲しがってもあげませんでした。
特に大泣きすることもなく、そのままParty timeへ突入。
途中少し欲しがって泣きましたが
苦し紛れの「ぱいぱいが『あんぱんまん』になっちゃったよ」
に納得してくれてその場は何とか乗り切りました。
結局、朝方5時に疲れ果てて就寝。

翌日金曜日は私のスケジュール調整が悪くHibワクチン接種。
どうしようか迷いましたが結局決行。
昨晩ほとんど寝ていないのにお昼寝もしないで
夕方まで機嫌よく遊んでいたのですが
さすがに疲れたのか夕方から大泣き。
触らせない、抱っこさせない、飲まない、食べないで
泣きつづけるんです。

これが私とコリーにとって一番辛かった。

かわいそうに添い乳でずっと寝ていたので寝方が
わからないんです。激しく泣き続けて本当にかわいそうでした。
結局家族全員で夜のドライブをして車の中で就寝。

今日は月曜日で実質断乳5日目になります。
恐れていた泣きながら欲しがるっていうのはありません。
こんなに赤ちゃんでもちゃんと言い聞かせたことは
わかっているんですねー。
でも寝方がまだわからないみたいで
毎晩朝方の3時ころまで付き合ってます。
抱っこして「あっち」「こっち」と指さして
リビングルーム、台所、寝室を行ったり来たり。

今のところは抱っこで寝かせてベッドへ連れて行くのパターン。

Apple-chanも一生懸命頑張っているんだから
私も。。。と思って老体に鞭打っています。
[PR]
by nina_19991002 | 2009-03-17 08:07 | 23months

脱臼

土曜日は帰国後はじめて私の両親の家へ
晩御飯に呼ばれて行ってきました。
両親の家はすぐ目の前が大きな空地と山
そして二匹の猫がいます。
ばばが本気で遊んでくれたり猫と遊んだり
Apple-chanはじじ、ばばの家に行くのが大好きです。

しかも10歳になる近所の女の子がApple-chanの事を
とてもかわいがってくれて
昨日も手をつないで一緒に遊んでくれました。

そろそろ晩御飯なので
「バイバイしようね」
っとばばが言ったところ
魔の2歳児すんなりバイバイするわけがありません。
イヤイヤするので手を少し強めに引っ張ったらしいのですが
その後ずーと痛がって左手を動かそうとしません。

土曜日なのに。。。

でも動かすと痛いようで「ひぃーん」と泣くし
どうにかネットで週末に緊急外来してくれる
整形の先生のいる病院を探して行ってきました。

大きな総合病院だったしこの時期なので感染症の人が
たくさんいたらどうしようってかなり心配だったのですが
私たちの他にもう一組、整形がらみで診察に
来ている家族のみですぐに診てもらうことができました。

「もうすぐ順番だよ」
って言っているのにコリーは
「ちょっとトイレに行ってくる」
とどこかに行ってしまい
お約束通りその間、名前を呼ばれてしまいました。

先生「どこが痛いのかな?見せてごらん」
A「ぎゃぁー」
ポキッ
小さな音とともに
先生「はい!入りましたね。脱臼です。外れてました」

その間本当に10秒くらい。
その途端Apple-chanは
「バイバイバイバイ」
と動かせなかった左手をぶんぶん振っています。

母は自分が脱臼させてしまったのでかなり落ち込み
父は心配で血圧が上がってしまったようです。

それにしてもこんなに簡単に脱臼してしまうとは。
先生いわく赤ちゃんの頃は簡単に脱臼してしまうので
手は引っ張らないように。
大きくなるにつれてどんどん強くなるようです。

写真は全く関係ありませんが
今回渡米前の準備を手伝って??くれている二人
f0145729_23222022.jpg
f0145729_23223678.jpg

[PR]
by nina_19991002 | 2009-03-07 23:14 | 22months

通じないよ・・・

お葬式に出席するために義両親がとってくれた
ホテルは抜群の見晴らしだったけれど
シャワールームのみのバスタブなしの部屋でした。
アメリカのシャワーは壁に固定されていて外すことができないので
Apple-chanをお風呂に入れることができません。
だって頭からお湯なんてかけた日にはぎゃん泣き間違いなし。

なので二日目のホテルはチェックインの後に
念のためバスタブのある部屋か確認してみました。

あ「この部屋ってバスタブありますか?」
ホ「???」
あ「バスタブ」
ホ「???」

わかってもらえません。
コリーに言ってもらおうと思ったら
既に荷物を取りに車の方へ。。。

困った様子の私をみると彼は急にやる気満々になり
胸を叩いて「まかせて、きっとわかるからもう一度言って!」

それならもう一度

あ「バスタブ」
ホ「バスタ~ブ」
私のまねをするのですが、やはりわからない様子・・・・
バスタブって英語でバスタブって言わないのかな?
って思っている
フロントの周りにいた老人が何人か集まってきました。
あ「バスタブ」
老「Bathtubだよ!」

思わずフロントの机を思いっきり叩いて

「それだぁ!」
って日本語で叫んでしまいました。

フロントの彼も正解を出したご老人もとても嬉しそう。
こんな簡単な単語が通じない私のみが複雑な気持ち。
コリーに聞いたところ英語でもバスタブ
なので私の発音が悪かったようです。

ちなみにダラスでちびっこ達に
「「Really?」って言って!」
「Akiの『Really?』ってかわいくて好き!」ですって。

おばさんをなめんなよー。

英語もっと頑張ろうって再び無駄に本を買い込んできました。

前回の英語失敗の話はこちらから

一日目のホテルからの眺め
f0145729_10521076.jpg

[PR]
by nina_19991002 | 2009-03-05 10:50 | Other

シール

シールの台紙を渡すと器用に自分ではがします。
そして何故か顔に貼ります。
たぶんこれは日本のババと遊んでからのApple-chanのお約束。

f0145729_812953.jpg


気がつくとこんなに・・・
これはちょっとやりすぎじゃないか、あなた?

f0145729_8114925.jpg

[PR]
by nina_19991002 | 2009-03-04 08:09 | 22months

飛行機

実は夏のアメリカ帰省でカリフォルニアからテキサス移動の
飛行機の時間を間違えた私。
空港のカウンターでチェックインしようとしたら
「3分後離陸しますけど。。。。」と言われ顔面蒼白に。
スケジュールを見てみると私が思っていた時刻は
日本へ帰国時の国内線の乗継時刻でした。
結局無料で次の便に振り替えてもらったものの
私はそれ以来すっかり自信を喪失。

っていうか何でそういった重要事項はすべて私が管理するのか不満をぶちまけ
今後はコリーと二重チェックすることにしました。

そして今回は、国内線での乗継便を経て国際線の
フライトスケジュールだったので
空港でレンタカーを返却して
「さあターミナルはどこだ?」
とスケジュールを見たコリーが
「OMG!!!」と絶句。。。。
「なになに?」と問いかける私に

「空港間違えた。。。。」

そうなんです、この街空港が二つあるんです。
レンタカーは返却してしまったし間違えた空港まで
戻るのに渋滞じゃなくても40分くらい。
この乗継便のあと国際線に乗り継ぐので乗れなかったじゃ済まされません。

二人で二重チェックの結果がこれ。。。
私たち夫婦って本当にお互いに補ってないなぁー。

「OMG OMG...」とつぶやき続けるコリー。
空港のカートの整理をしている高齢の女性が
「どうしたの?」って声をかけてくれました。
事情を話したところ、とにかくエアラインのカウンターに
言って事情を話してみた方が良いとアドバイスくれました。

私は何してたかって現実逃避してApple-chanと遊んでました。

結局、エアラインのカウンターにかけて
私たちは間違えた空港のカウンターに行って
事情を話すことにしました。

結局今回も運よくあっさりとこちらの空港から出る便に変えてもらいました。
でももともと便がなかったり席がなかったりしたら大変なところでした。

本当に私の人生ってギリギリセーフです。

ところで今回はJALを使わず
ってJALは直前過ぎて見積もりが一人30万以上から
だったのアメリカンを使ったのですが
Apple-chanはお膝席だったにもかかわらず
空きがあるからそのままカーシート持ってって
席に設置していいですよって。
日本からもアメリカからも足元の広い最前列を
5席も割り当ててくれました。

f0145729_6465654.jpg

アメリカンは席なしの子供には食事が出ないので
お弁当は持ち込んだものの、きっとApple-chanが欲しがると思って
卵乳製品なしのベジタリアン食を頼んでみました

f0145729_6473624.jpg


味?う~ん、きかないでください。
私たちのすぐ前がビジネスクラスでカーテンなしで
丸見えだったのですが食事がおいしそうだったなー。
ありませんでした?ウナギやの前にご飯だけ持って行って
うなぎのにおいを嗅ぎながらご飯を食べるって話。
まさにそれ。。。
[PR]
by nina_19991002 | 2009-03-03 06:49 | Other

事後報告ですが・・・

事後報告になってしまいましたが
アメリカの大好きだった叔父がバイク事故で急逝したため
急遽家族で2月11日から27日までテキサスに戻っていました。

本当に悲しくて受け入れがたい出来事でしたが
ギリギリお葬式にも参加することができ
アメリカの家族と共に叔父を見送ることができました。

今回はApple-chanが到着した深夜から高熱を出し
しかもそれが一週間近く続いたため
深夜のERに2回、別に小児科へ連れて行ったり
本当にバタバタしてしまいましたが
なんとか金曜日に無事日本に帰国することができました。

今は家族でお約束の時差ボケ中で
夜中の1時に活動を始めて夕方に寝るみたいな
アメリカ時間で生活しています。

ここ数年で息子、そして今度は兄を亡くした義父は
かなり憔悴していましたが幸いなことに
今回Apple-chanが本当にグランパgirlで義父にべったり。
勝手に義父の部屋に行って二人でテレビを見ていたり
抱っこされて近所をお散歩したりと、
Apple-chanの存在が義父の悲しみをかなり癒したようです。

私たちが帰国する朝、涙ぐんでいましたが・・・

アメリカ日記はぼちぼち更新していこうと思います。
[PR]
by nina_19991002 | 2009-03-01 18:18 | Other